【冬の終わりの札幌へ 番外編】札幌旅行とポケモンGO(2021.4.30)

プレイ記

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【冬の終わりの札幌へ 番外編】札幌旅行とポケモンGO(2021.4.30)

(以下、2021年4月30日付で公開した記事の再掲です)

札幌でもポケモンGO!

札幌旅行へは、いつもの日常の一面も持ち込むことになりました。

ということで、ポケモンGOですね。

いつもとの最大の相違点としては、やはりこの時期当たり前に雪が降っている世界でしょうか。

心なしか、いつものロケット団のお姉さんもどこか寒そうに見えたりしますが 笑、

ミミロルも、いつも以上に雪景色の背景がしっくりくる気がします。

どこかいつも以上に生き生きしているように見えなくもない気がするのですが、

ミミロルは、札幌滞在中にイロチを捕獲できました。

 

色違いコイキング

色違いポケモンといえば、今回札幌では、やたらとコイキングのイロチが湧きました。

ポケモンGOを始めて以来、去年のコミュDAYまで一匹もゲットできず、半ばあきらめていたコイキングの色違い。今回が初のゲットではありませんでしたが、基本的に常日頃はほぼ出現しないのが色違いポケモンです。

しかも、よりによって因縁の(?)コイキングですよ。

あまり連続で湧くと「何かイベントあったっけ、ひょっとして忘れてた?」などと勘繰りたくもなってきますが、鴨々川の鯉放流地域に近かったこと効果ですかね?

 

ドーブル多発と、ハハコモリに進化したクルマユ

その他にいつもと違うということでは、

今回の旅行中、やたらとドーブルが出てきてくれました。

帰りのフェリーの中でもはしゃぎ倒すドーブル、中々かわいいですね。

そしてもう一点。

長らく相棒にしていたクルマユのあめが、とうとう進化に必要な100個を超えました。

というよりは、少し前にもう100個は超えていたのですが、「最高の相棒」への相棒レベルアップ待ち状態だったんですね。

別のクルミルをゲットしてクルマユ→ハハコモリとするか、それともこのままこのクルマユをハハコモリに進化させるか。

初代相棒のフタチマルくん以来の慣習として、本来であれば別の個体を進化させたいところだったのですが、手持ちの個体が他になかったことから今回はこのままこのクルミルを進化させてしまおうということで、プレゼントを持ってきてくれた直後に、晴れてハハコモリへ。

帰りのフェリーの中では、無事、最高の相棒へとレベルアップ!

胸に光るのは最高の相棒のみに許された勲章、「がんばリボン」です。

 

大倉山のブイズジム

札幌では色々回したポケストップ、残念ながら写メはほとんど撮っていなかったのですが、

大倉山界隈で見事なブイズジムを見れた様子は、しっかり写メっておきました。

タイトルとURLをコピーしました