【プレイ記】鬼門のレシラムレイド(2020.6.21)

プレイ記

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

【プレイ記】鬼門のレシラムレイド(2020.6.21)

(以下、2020年6月21日付で公開した記事の再掲です)

レシラムレイドの低捕獲率

最近のプレイ記的に、一番泣かされたのはやはり伝説ポケモンのレシラムゲットです。

距離が遠すぎたりやたら逃げ出したり、随分てこずりました。

カーブエクセレントスロー(ゲットの輪の、一番小さいど真ん中に命中させるスロー)を3~4連発しても、全持ち球の半分以上カーブエクセレントを投げても逃げ出されると、割とメンタル削られます。

こういうポケモンを相手にするときって、残り3球辺りからのプレッシャーが中々えげつないんですよね 笑。

そもそもこの捕獲率の低さ、

9回チャンスがあって1匹しかゲットできなかったということは、率にして.111。

プロ野球で例えるのであれば、平均的な投手の打率を大きく下回っていますね。

ぶっちぎりの過去最低捕獲率だったので、ひところはレイドバトル予告の伝説タマゴを見るのもいやだったのですが笑、現在はなんとか7匹ほど手に入れました。

それでも24回チャンスがあっての7匹なので、ゲット率が高いとは言えません。率にすると.292。やっぱりレシラムは鬼門です。

タイトルとURLをコピーしました